検査入院~退職へ
今の病院に転院して、いよいよ更なる検査の日々が始まろうとしていました。

でも、まだ認識の甘かった私。

その時、まだ小学校で音楽の講師として働いていて、2月といえば卒業関連の行事でやたら忙しい時期だったし、この後も歌の本番もあった。


その時の担当医(3月で移動されたので、今の主治医さんに替わりました。)から、長期の入院になる・・・とか、ステロイドの副作用について・・・とか、いろいろ聞かされたけれど、

それでも、まだ
『通院では治療できないんですか?』と言ってた私。


だって、3月の卒業式を前に休むなんて考えられなかった。


そうしたら、担当医は

『脅かすつもりはありませんが、あなたと同い年で同じ症状の方が、こうして検査とかをしてる間に、急速に悪化して亡くなった例もあるんですよ。』
と言われ、そこで初めて事の重大さに気付きました。

結局、最初の検査入院は卒業式が済んだ3月22日に決まりました。
3月22日~気管支鏡検査。
4月3日~入院
4月7日 肺生検

で、生検の結果を待って、治療に入るという計画が言い渡されました。

そして、6分間歩行?の検査をした結果を見て、その担当医さん一言。
『ボクなら意識なくして倒れてます。』と。


どうやら、酸素量が90を切り80台にまでグングン下がっていたにも関わらず、結構な距離を歩いたらしい。
担当医さん曰く
『長年にわたって症状が進行し、その間にも歌い続けてたので、体が少ない酸素で対応しようとしてきたのではないか。本来なら酸素ボンベがいる数値です。体が、まるで高地トレーニングをしているようなってる。』

知らぬが云々~~~~とはこの事でしょうか?

確かに咳が出て、動くと息苦しかったけど、
『歳のせい。』
『稽古で疲れてるから。』
とか、いろんな理由で納得させてきたもんなぁぁ。


騙し騙し体をこき使っていたんだな。


でも、もう騙し騙しは通用しない。


どうしよう・・・・・・・どうなるんだろう・・・・・・・・・・・と不安だらけで診察が終わり、お会計を待ってる時、私の携帯に、7月のコンサートへの出演依頼が入ってきました。

本当なら喜んでお引き受けするはずだったのに・・・・・・・・・・・・・

病気のことはまだ詳しくお話できなかったけれど、丁重にお断りをしなくてはならなかった・・・・・・・・・・・。


結局、今年予定されてた本番はすべてキャンセル。
受けるはずだったコンクールもオーディションもなし。


どうなっていくんだろう。

私。



でこの日、病院の帰りに学校に寄り、校長先生に先の事をお話しました。

校長先生は、特休を取って入院することはできないのか?と言ってくださったけれど


・今年度、音楽で大きな研究大会をしなければならない。
・今年度の理事は、私であること。
・さらに、別の教科でも研究大会をしなければならない学校であったこと。
・入院がいつまでになるか、分からないこと。
・退院しても、副作用の状態などで、ちゃんと元通りに働けるか分
からない。

などなど、いろんな事を考えると・・・・・・・・・・・・・・。


それに、病気だと分かってくれていても、こんな大きな研究大会を2つも抱えた学校がどんなに忙しいか、現場で長年いた私は知ってる。

やはり、勤務している以上、1人分のお仕事はこなさないといけない・・・・・いや、今年度は2人分は動かないといけないはず。

なのに、シンドイからとか言って、私の仕事を他の先生方に振ってしまうと、絶対にどんなに優しい人でも不満は出てくる。

そう思うと、やはり『退職』という決断になりました。
スポンサーサイト
[2009/08/04 13:37 ] | 入院までの経過 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<夢ちゃんのお気に入り。 | ホーム | 支えてくれるもの。歌なかま。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://frohgemut.blog88.fc2.com/tb.php/10-abf8a18a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |