咳が出始めた。
気胸の手術をしてから暫くは何事もなく、以前のように歌っていた私。

その頃、大学時代の師匠が亡くなられ、ご縁あって東京の師匠を紹介してもらい、関西~東京を行き来していました。


丁度その時期からか。
咳が出るようになりました。

でも、咳止めを飲むと止まるので、しばらくは咳止めで対処していました。

しかし、某オペラ団体の研究生になっていた私は、その時にお世話になった演出家から
『根本的に治せ!』と言われ、病院へ。


レントゲンを撮ってもらったけれど、何もないとのこと。
喘息でもないし・・・・・・・・・・・気管支炎でもないし・・・・・・・・・・・・・・・
とりあえず、お薬をもらったけれど、一向に咳が止まる気配なし。


ので、また咳止めに頼ることになりました。


その後、合計3つの病院(内科)へ行き、それでも原因が分からず、咳止めを処方されるだけ。

耳鼻咽喉科の病院も2つも行きました。でも、おなじこと。


そのうち、喋ろうとするだけで咳が出るようになっていきましたが、本番は続いてたので、咳止めを乱用しながら歌っていました。
スポンサーサイト
[2009/07/30 08:14 ] | 入院までの経過 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<毎年、検査してたけど・・・。 | ホーム | 昨日のこと。>>
コメント
初コメです。

おぉ~~!かわいいテンプレートですねぇ♪

私は発病してから主治医に間質性肺炎は年季の入ったものだと言われました。

過去10年は経過しているものだと・・・

専門家が見れば一目瞭然なのに、今まで健康診断受けてても何も言われず・・・

ショックでしたよ(>_<)

軽い息切れはその間ありましたが特に気にせず・・・

まさか自分が免疫疾患とは思いませんよね?

そして、同じく間質性肺炎が悪化してからは人と話す事が出来ず、話していても、咳で話は中断!

簡単な話は出来ても、長い話になると苦しくなりました。

なぜ、もっと早くに発見されなかったのか・・・

今となっては悲しい現実です(~_~;)
[2009/07/31 05:20] | URL | まいむ #- [ 編集 ]
コメントありがとう~~~!!
私も、また経過で書きますが、今の病院で6分間歩行?の検査したときに驚かれました。

酸素が80台にまで落ちてるのに、スゴイ距離歩いてたんですって。

ドクターに『ボクなら意識なくして倒れてます。』って言われた(笑)
私も長年にわたって進行してたのに、歌い続けてたため、まるで『高地トレーニング』をしてるようなんだそう。

知らぬが云々・・・・って言うけれど、自分ではこんな病気だって知らないもん。
ただ単に稽古で疲れてるから・・とか、咳が続くから苦しいんだって思い込ませてたから。

こんなにいっぱい病院行ったのに!!
[2009/07/31 07:00] | URL | ほんちゃん。 #ZZeNXx9A [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://frohgemut.blog88.fc2.com/tb.php/4-4d2da177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |