娘ネコのスミレちゃんのこと。
1つ前の記事で登場した、夢ちゃんの娘スミレちゃん
妹ちんの結婚を機に、夢ちゃんと一緒に我が家にやってきました。
テレビの上~


その頃、我が家にはボビー君という男の子がいたので、一気に3匹同居になりました。

夢ちゃんとスミレちゃんは、妹ちんのマンションではずっと家ネコちゃんとして生活をしていたので、
我が家でもお散歩以外はお家の中。

ボビー君は自由気ままにお外に遊びに行っては、ご飯やおトイレは家に帰ってくるという律儀なボクでした(爆)


でも、ある日ボビー君が帰って来なくなり・・・・・・・・・・・
ビラを配って探しましたがダメで


ボビーが居た時は、遠慮があったのか?なかなか私やまだ生きていた父や祖母にも懐かなかったのですが、
ボビーが居なくなった途端に、べったり甘えん坊になりました。
スミレちゃんと一緒

仲良くいつも一緒にいた2人。

どんどん成長して、マックスで8キロまで大きくなったスミレちゃん。
夢ちゃんに甘えにもたれに行くと、重くて迷惑そうだった夢ちゃん(笑)


2005年。
私がオペラ公演で韓国に1週間行ってた間は、すでに父も亡くなっていたので、
2人のお世話は妹ちんや親戚中で当番を決め、毎日交代で来てもらいました。

韓国に着いて2~3日した頃、電話したら叔母が
『スミレちゃん、毛がなんかベッタリしてきたで~。どっか悪いんかなぁぁ。』
って言ってたけど、
私がいないストレスかなって思ってました。



帰国して、スミレちゃんの呼吸が変なのに気づき、病院へ。


肺が悪くなってました。


それから病院に通うも、どんどん容体が悪くなり・・・・・・・・・・
苦しいのか、ジッとしている事が多くなりました。



2005年10月。
夕方から呼吸困難になったスミレを抱えて病院に駆け込みましたが、
もう何をしてもダメだろうと。

でも、何時でもいいから、何かあったら連れて来てくださいって獣医さんが言ってくれて・・・・・・・・。


その夜は、2階の私の部屋で必死で息をしようと胸を大きく上下させて、そのたびにパコンパコンと音がなって・・・・・・
数分に1回は雄叫びのような鳴き声を上げていました。


私と夢ちゃんは一睡もせずに背中をさすりました。


次の朝、学校に行かなければいけなかったので、その獣医さんにお仕事の間は入院させて診ててもらおうと、
1階に電話をしに行き、受話器を取った時。
夢ちゃんが『アゥン・・・・・・・・・・アゥン・・・・・・・・』と泣きながら階段を下りてきました。


私が2階に行くと、スミレちゃんは死んでました。


ずっと苦しんで苦しんで亡くなったスミレちゃん。
最後まで何もしてあげられなかったね。

ごめんね。
苦しかったよね。


大好きなお母さんの夢ちゃんに看取られて、スミレちゃんは旅立ちました。


スミレちゃんの分まで長生きしてね。夢ちゃん。
良く寝てるね~スミレ
私の膝の上で爆睡するスミレちゃんです。



最後まで読んでくれてありがとう
こちらにも参加しています。ポチッとしてもらえたら嬉しいです

にほんブログ村 病気ブログ 肺炎・間質性肺炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





    





















スポンサーサイト
[2014/03/01 16:31 ] | ねこ | コメント(10) | トラックバック(0)
<<外来記録3/3 | ホーム | 20歳になりました!>>
コメント
スミレちゃんの辛い思い出話をわざわざ書いていただきありがとうございましたe-441

辛かったですね、夢ちゃんがスミレちゃんの最期も看取ってくれたのは良かったです
v-363

夢ちゃん、スミレちゃんの分までず-とほんちゃんさんの側にいて下さいねv-343
[2014/03/01 17:35] | URL | はる:あゆママ #- [ 編集 ]
スミレちゃんが見守ってくれていますよ。
まだまだ大丈夫だから負けるな~ ってね。
[2014/03/01 18:33] | URL | たま #- [ 編集 ]
猫ちゃん飼ったことないのですが、絵本の世界に入ったかのように読みました。
夢ちゃんもつらい別れを経験したのですね。
夢ちゃん!がんばれ!
[2014/03/01 22:20] | URL | ともれ #bstFT5sg [ 編集 ]
猫とはいえ実の娘が目の前で動かなくなっていくのを見てたんだよね、夢ちゃん(T^T)
どういう思いで最期を見ていたのかと思うと切ないよう…
…やっぱり淋しかったんだろうなぁ。
夢ちゃん20歳おめでとうー、スミレちゃんも見ててくれてると思うから、ほんちゃんさんの愛情独り占めして長生きするんだよー!(*^^*)

うちのニーナには子猫いなかったけど、ニーナの親猫は母の友人の猫だったから私も親猫に会ったことがあって、
幼稚園の頃その人宅でお好み焼きご馳走になった時、シーサーみたいに両隣にずーーーっと待機されて
時々チョイチョイされてものすごく食べ辛かったの覚えてます(笑)
スミレちゃん見て思い出した、ニーナの父猫はシャムでした(母は真っ白モコモコペルシャ)(*´∀`)

昔も、今の写メみたいに簡単に画像残せたらよかったのになぁ。
覚えてても、思い出だけじゃちょっと物足りない時あるもん;
[2014/03/01 22:56] | URL | fuu #- [ 編集 ]
ほんちゃん。さん
思い出すのも辛いですよね😔
私も実家で飼ってた猫が死んだ時の事はリアルに覚えてます😰
仕事勤めした頃でした。まだ若かった18歳!
ペットを飼った事の無い人には理解出来なかったでしょうが、仕事も手につかず休みました😔
同期の子が分かってくれてたので
話すことで救われてました😘
[2014/03/02 02:12] | URL | スズチロ #- [ 編集 ]
はる:あゆママさんへ
いいえ~。ちゃんとスミレちゃんの存在も残しておいてあげないと・・・・ね。
いい機会でした。
[2014/03/02 16:56] | URL | ほんちゃん。 #ZZeNXx9A [ 編集 ]
たまさんへ
ありがとうございます。
今、私がスミレちゃんと同じく肺で苦しむなんてね・・・・・・・・。
スミレちゃんも見ててくれてますよね。
頑張らなきゃ。
[2014/03/02 16:57] | URL | ほんちゃん。 #ZZeNXx9A [ 編集 ]
ともれさんへ
我が家はネコちゃんを絶やした事がないくらい、ずっと飼っていますが、何回経験してもお別れは辛いです・・・・・・・・。
でも、またネコちゃんと出会いたくなるんですよね~。
夢ちゃんの後は・・・・・・・・・・もう飼いません。
[2014/03/02 16:59] | URL | ほんちゃん。 #ZZeNXx9A [ 編集 ]
fuuちゃんへ
ありがとう。
スミレちゃんの事や、私の入院で寂しい思いを何度もさせてるから、どうしても夢ちゃんには甘くなっちゃうんだ(笑)
写メ、そうだよね~。ボビー君の写真も撮っておけばよかったよぉぉ。
[2014/03/02 17:02] | URL | ほんちゃん。 #ZZeNXx9A [ 編集 ]
スズチロさんへ
そう・・・・・・・・私もスミレちゃんが死んだ日は、休めるものなら休みたかった・・・・・・。
叔母に頼んで、スミレちゃんと夢ちゃんを残して出勤するのが本当に後ろ髪を引かれる思いで辛かったです。
しばらくはスミレちゃんの事を思い出すだけで、泣いてました・・・・・・・・・・。
[2014/03/02 17:04] | URL | ほんちゃん。 #ZZeNXx9A [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://frohgemut.blog88.fc2.com/tb.php/867-76357b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |